かぐらB.C

CIMG1995.jpg
CIMG1992.jpg


3月7~9でかぐらB.Cに行ってきました。

7日
待望の雪、前を行く友人が雪煙で消えます。
良い雪でした。
久しぶりのかぐらでのパウダースノーに感激でした。

8日
良い天気で、元気に山登りしてきました。
登るときは、さらさら雪でこれは期待大と思っていましたが、11時過ぎに南斜面を下山。

少し表面がクラストした状態で、滑りにくかった。
自然の雪の状態は刻々と変わるのは当たり前。
でもオフピステに思い切りシュプールを描ける気持ち良さは最高の気分でした。

9日
この日は少し早めに登り始めて、北斜面に挑戦。
やはりここは、パウダーで胸まで来る雪を堪能して来ました。
少し急斜面ですが、パウダーは健在でした。
仲間と行けるB.Cは最高の至福の一時です。
スポンサーサイト

これぞ大雪山旭岳

大雪山1
大雪山3
大雪山4
大雪山5


見てください。この軽い雪を・・・!

これは昨日の、しかも初めて案内する究極のルートだそうです。

私を歓迎するかの様に良い天気でした。



今日も快晴。

旭岳の頂上を目指してハイクアップしてきました。

大雪山は凄い! ディープスノーだった。

CIMG1948.jpg
CIMG1949.jpg
CIMG1950.jpg


大雪山旭岳に来ています。
26日に着きました。

今日、27日は良い天気で旭岳も顔を見せてくれています。
今まで吹雪だったようですが、今日は晴れて旭岳も「ごきげんよう」と言っているようです。

ゴンドラからしばらく歩きました。
未知の世界に行き、深雪を被ってきました。

凄いです。
ディープパウダーです。
滑り始めると直ぐに軽い羽毛の様な雪が顔中を覆います。

勾配は約40度とガイドが言ってました。
遥か下のガイドがいる所まで滑り込むのですが、自然と奇声が上がっていました。

気持ちいい、最高の斜面でした。
今日はこの1本のみ。
満足度マックスです。

ツアーは2日まで続きます。


大雪山7
CIMG1956.jpg
CIMG1958.jpg

天気は良いのですが・・・。

CIMG1944.jpg
CIMG1932.jpg
CIMG1931.jpg


八甲田に来ています。
天気は良いのですが、風があってゴンドラが朝から動きません。
11人で来たのですが、何ともむなしいです。
何とかしたいという事で、1本のリフトが動いていたので、それを使って行き、そこから歩くこと2時間。。

B.Cのメッカ八甲田をちょっぴり堪能してきました。
帰りは2時のバスに間に合いました。

明日も風が強いという予報。。
明日は明日の風が吹く!っと。。。

めげないで明日に期待です。


CIMG1936.jpg
CIMG1934.jpg

かぐらバックカントリー

1
3



2月9日、やっとバックカントリーの入り口ゲートが開いた。
ここ数日、山の天気が悪く人を寄せつかなかった。
今日はまずまずの曇りで視界もよく見えた。

シールを付け登り始めて約1時間くらいだろうか?
遠くの下界に小さく映る田代湖見える所まで登って来た。

雪は降り続いた深雪できらきら光っている。
ゆっくりと滑り始めて雪とのコンタクトをとる。

ゆっくり板を押すと、雪の中に沈んだ板が次の瞬間、フワッと浮いてくる。
まるで雲の上を滑っている様だ。

5
8
10.jpg


木々の間を抜けると1枚バーンが現れた。
長い距離をガイドと4人で駆け降りる。
見上げると4人のシュプールだけが付いている。
水墨画の様な美しい景色に一瞬見入ってしまう程素晴らしい景色だった。

今日の雪は生涯忘れることが出来ないだろう。
至福のひと時でした。

ロープウエー乗り口につくと、新潟放送のカメラがいて、B.Cに来ている人を対象にインタビューをしていた。

私もその一人になった。
何時放送があるのか?聞けばよかったかな?

6
プロフィール

skyです

Author:skyです
ゴルフは年間30~40回位行っています。
スコアーは80~90台です。
年に何回か、70台が出ます。

毎年楽しみにしているのが、北海道でお仲間とラウンドする事です。

スキーは年間20~28日位滑走します。
日本のスキー場を制覇するのが夢です。

今はB・Cにはまっています。
ノートラックのパウダーを滑るのは
最高に気持ちよく、至福の一時です。

一応SAJスキー、一級保持者です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

風に吹かれて (続)ダッファーのゴルフは楽し
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-